『首都感染』 を読んだ。

『首都感染』 高嶋哲夫 を読んだ。  著者得意の災害もの。  相変わらず、序盤の入り方は暗いけど、『東京大洪水』ほどではない。  これまでよりも、技術的な部分は少なく読みやすい。    発想は、強毒性インフルエンザに古典 …

Continue reading ‘『首都感染』 を読んだ。’ »