『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。

 『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。  著者の初めての長編小説。  本の帯にあるように、国際線の飛行機が飛行中にエンジンが炎上し二人の機長が倒れ、副操縦士一人で何とか飛行機を着陸させる物語。  軽いテン …

Continue reading ‘『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。’ »