『弱小空軍の戦い方』 飯山 幸伸 を読んだ。

 『弱小空軍の戦い方』 飯山 幸伸 を読んだ。  第一次世界大戦から、第2次世界大戦へと進む中で、ヨーロッパの小国の空軍がどのような戦略で飛行機を作り、運用して、ドイツ軍にコテンパにされたか、一矢を報いたかの本。  優秀 …

Continue reading ‘『弱小空軍の戦い方』 飯山 幸伸 を読んだ。’ »