『読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで』 後藤武士 を読んだ。

『読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで』 後藤武士 を読んだ。  よく行くスーパーの本屋でふっと見かけて、立ち読みしてついでに買ってしまった。 値段も、480円でいまどきの本にしては、安か …

Continue reading ‘『読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで』 後藤武士 を読んだ。’ »

『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。

 『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。  著者の初めての長編小説。  本の帯にあるように、国際線の飛行機が飛行中にエンジンが炎上し二人の機長が倒れ、副操縦士一人で何とか飛行機を着陸させる物語。  軽いテン …

Continue reading ‘『パイロット・イン・コマンド』 内田幹樹 を読んだ。’ »

『古代文明と気候大変動』 ブライアン・フェイガンを読んだ。

 数ヶ月前に、同じ著者の『歴史を変えた気候大変動』を読んだ流れで、『古代文明と気候変動』を読んでみた。 『歴史を変えた気候大変動』のほうは、近代中心だったが、こちらは氷河時代からマヤの文明あたり迄を書いている。 期間が長 …

Continue reading ‘『古代文明と気候大変動』 ブライアン・フェイガンを読んだ。’ »

『なぜボーイングは、生き残ったのか』 山崎明夫 を読んだ。

『なぜボーイングは、生き残ったのか』 山崎明夫 を読んだ。  ボーイング社の歴史と、簡単な旅客機業界の説明が主。  特に掘り下げたところもなく、作者の航空機業界に対する情熱もない。  読んでいてストレスもなく、楽しみもな …

Continue reading ‘『なぜボーイングは、生き残ったのか』 山崎明夫 を読んだ。’ »