Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-1

Raspberry Pi 2 にセンサーとか色々つけて、いじり倒してみよう

Raspberry Pi の本体サイトはこちら、https://www.raspberrypi.org/

中学生くらいの絵が表示されていますが、組み込み用途として利用できそうな性能は十分持っていそうです。


とりあえず必要なもの

1.本体 Raspberry Pi 2 Model B   5~6千円くらい RSとか秋月電子とかアマゾンで入手

2.MicroSDHCカード OSのRaspbianを入れるのに利用 耐久性とか考えて16GBを選択

2.USBケーブル マイクロUSBケーブル スマートフォンとかについてきたものでも代用可

3.USB電源 スマートフォン用の電源を流用しよう

4.LANケーブル 設定するの必要 最初はDHCPで自動的にIPアドレスを取得してやってみる

5.PC 当然母艦となるPCが必要。WindowsでもMacでもLinuxでもよし 今回はWindowsにて

こんなところでしょうか。パソコンとスマートフォンをもっていれば、本体とメモリーカードだけでとりかかれます。

pi001pi002

・本体表側と裏側


MicroSDHCカードにRasbianをインストールする

標準的なOSとして、LinuxベースのRaspbianをMicroSDHCカードにインストールします。

OS自体は4GBですが、SDHCカードの書き込み寿命を考えて16GBのSDHCカードを利用します。
普段使っていて安定した性能を出してくれている、Transcend microSDHCカード 16GB Ultimateを使います。

Raspbianのダウンロードはこちらから、https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

 

pi003

素直にZIPファイルをダウンロードして解凍します。解凍後のイメージサイズは3.2GB。

解凍後は、イメージファイルを「Win32 Disk Imager」を利用してSDHCカードに書き込みます。

ダウンロードはこちらから、http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

01

PCにもよりますが、数分で書き込みが完了します。

書き込みが完了したら、RaspberryPIにSDHCカードを挿し込んで、LANケーブルと電源用のUSBケーブルを取り付け起動します。

pi005

裏から見たところ。本体の大きさが小さいのでケーブルの硬さに影響されます。

今のところ、電源スイッチ等はないのでUSBケーブルを挿した時に電源が入り、赤色LEDが点灯しSDHCカードへのアクセス時に緑色LEDが点滅すればOKです。LANのアクセスランプが点滅しているのを確認してから、パソコンからアクセスします。


PCからのアクセス

PCからは、Windowsパソコンなら「Tera Term」を使ってアクセスします。

ダウンロードはこちらから、https://osdn.jp/projects/ttssh2/

ネットワークの中にDHCPサーバー(家庭で光を利用しているなら、ホームゲートウエイがなんとかしてくれているはずです。)が立っていたら、ラズパイのアドレスにあたりをつけてログインを試みます。DHCPサーバーがない場合や、PCが単独で動作しているときは、HDMIケーブルでモニターにつなげてUSBキーボードを取り付けて作業しますが、それはまた後日。

02

こんな感じで、DHCPサーバーから割り振られたHostアドレスを入れて「OK」ボタンを押します。

03

ユーザー名とパスワードを聞いてきますので、最初は、[User name] pi    [Password] raspberry にてログインをします。

成功すると、以下の画面が表示されます。

04

ログインできました。

次回は、OSの初期設定。


第 1回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-1
第 2回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-2
第 3回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-3
第 4回 Raspberry Pi 2 にWifiの設定をする
第 5回 Raspberry Pi 2 不要サービス停止
第 6回 Raspberry Pi 2 RAMディスクの設定
第 7回 Raspberry Pi 2 コンソールの設定
第 8回 Raspberry Pi 2 にウォッチドッグタイマーを導入する
第 9回 Raspberry Pi 2 でPythonの設定をする。
第10回 Raspberry Pi 2 でSambaの設定をする。
第11回 Windows10でPythonの開発環境を構築する。
第12回 Raspberry Pi 2のPython3でGPIOのパルスを取得する。
第13回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOを調べてみる。
第14回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOの割り込み処理をする。
第15回 Raspberry Pi 2のPython3でI2Cを設定する。
第16回 Raspberry Pi 2のPython3で加速度センサーを動かす。
第17回 Raspberry Pi 2にmonoをインストールしてC#を利用する。
第18回 Raspberry Pi 2にgoをインストールしてみる。
第19回 Raspberry Pi 2のGPIOをC#(mono)でパルス取得する。
第20回 Raspberry Pi 2のGPIO読み込みを、mono(C#)とPythonで比較する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。