『ONE PIECE』を一部読んだ

 去年の暮れに小学校に通う娘が、「ONE PIECE」の映画を見たいと言うので、二人で近所の映画館に行って『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』を見てきて、まあー普通に面白い映画だなーぐらいの感想しか持っていなかったのだが、なんだか知らんけど、0巻目の本を貰ってきて、すっかり忘れていた。

で、この前部屋の掃除をしていたら、ひょっこり出てきて読んでみたけど、特に感想もなし状態ではいたのさ。まー、せっかくだから娘と話をしてみたら、クラスで全巻そろえている子がいるらしく、「私も読みたい」というのさ。

で、紀伊国屋書店に行って1巻目と、おっさんとしては「ニコ・ロビン」最高!!ということで、背表紙の絵をずーと見ていって、41巻目の2冊を買ったら、物語の後先が知りたくなって、42,43,44巻を買って一気に読んでみた。

我が家には、0,1,41,42,43,44巻のみ揃っている(そろってねーだろ!!)という不自然な状況な訳だが、「2012」とかの最近のハリウッド映画のように、これでもかの連続がなかなか快感で、子供のころを思い出した訳じゃないけど、子供の教育を顧みず、全部揃えちゃおうかな? 大人買いで一気に…….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。