『AH-64 アパッチはなぜ最強といわれるのか』を読んだ。

『AH-64 アパッチはなぜ最強といわれるのか 驚異的な攻撃力をもつ戦闘ヘリコプターの秘密』 坪田 敦史 を読んだ。
 
 この前、東京に出張で行って、羽田空港で1時間ぐらいの時間が空いたから、羽田空港の本屋で買って読んでみた。
 半分文書、半分写真といった感じの本で、写真もカッコよく撮れていて、スムーズにわかりやすく読めた。
 まあー基本的に、AH-64アパッチ すごいね という内容なのだが、人や物を破壊するために作られたヘリコプターだから、金に糸目をつけず、機能を極限まで追求した機械というのは、ある種の美しさが備わっているものだ。

 写真にあったところで、砂漠の岩山の陰にレーダーだけ出して、佇んでいる姿は恐怖を感じる。

 自衛隊にもわずかに入っていて、作中では事実だけを書いているんだが、高いし、だらしないね。

 終わり方がちょっと、アレだけど、パンフレットとして考えれば、こんなものか。

 何も考えたくない、時間が空いたときに読む本としてはOK!! 1,000円するけどね。


  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。