『ダーウィンの夢』 渡辺政隆 を読んだ。

 『ダーウィンの夢』 渡辺政隆 を読んだ。
おもしろい。 勉強になった。 
ダーウィンが『種の起源』を出版してから150年が過ぎて、その間に進んだ進化論をベースに話が書いてある。
 とても読みやすく、わかりやすい例をあげて読み飽きないように書いてある。著者の筆力もあり、ほんとは色々な問題を含んでいる進化論なんだけど、うまく書いてある。
 内容のうち、粘菌の項はびっくらこいた。粘菌というのは、とんでもない生き物である。
 あと、あれだね、進化というのは過去を残さないものだ言うことを、あらためて認識した。

著者の本を、もう少し読んでみよう。

 


  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。