『M8』 高嶋 哲夫 を読んだ。

 『M8』 高嶋 哲夫 を読み終わった。
 地震と地震予知の中で翻弄される、翻弄する人たちの話。 将来必ず起こるであろう事を書いてある話だと思う。

 読むと勉強にもなるし、心のどこかに留まり続ける話だ。

 自然災害に対して、出来る事、出来ない事 …  その間でどう動いたらいいのか、動けないのか ….  

 同じ作家の 『イントゥルーダー』 もそうだけど、話の中に 挫折感が  ちりばめられている。

 挫折に対する克服もあるのだけれど、決して心の外に出ることのない部分があって、

 まあ、全部ひっくるめて 生きていくということか。

 もう何冊か、この作家の本を読んでみよう。

 

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。