『イントゥルーダー』 高嶋哲夫 を読んだ

 少し前に、『イントゥルーダー』 高嶋哲夫 を読んだ。

内容は、昔の恋人との間に生まれた、一度もあったことのない子供が死んで、その周りで起こる色々な事件と、

父親である、コンピューター開発者の物語。 
あれだね、コンピューターの世界は流れが速いから、その辺のところを、作品中に使ってしまうと、
ストーリーとは関係なく、なんとなく物語が陳腐化してしまうのだけど、

そんなこともなく、最後まできちんと読める作品です。

 突然、昔の恋人が別れた後に生んだ子供が判明して、しかも我が子で、今重態だとか言われたら、

普通めちゃくちゃ混乱するでしょ。 

顔を見に行かないわけにもいかないし、昔の恋人とも会わなきゃいけないしで、
今の家庭はあるしで、悪夢だよね。

 ストーリーは、わかりやすいけど、最後はちょっとショック!
 

 この本を読んだ後に、本屋に走って 『M8』『TSUNAMI』 を買ってきて、一気に読んでしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。