『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟 』を読んだ

 最近『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』を読んだ。 かなり前からアメリカで原作が出版されていて、和訳されるんだろうか? 思っていたが、サンドラ・ブロック出演での映画化もあり何とか和訳され、ようやく読み終えた。

 貧困街出身の黒人だが、ガタイがとてつもなく大きくて、アスリートとしての能力が桁外れに優れている主人公が、ひょんなことから裕福な白人家庭と一緒に暮らし、サクセスストーリーを歩んでいく実話。

 昨年のドラフト1巡で、ボルチモア・レイブンズにピックされ、実際サクセスストリーを歩んでいる、実話。
 NFL好きとしては、たまらないないようだが、NFLのことを何も知らない人には少しきついかも。文章の中では、結構詳細にルールが書かれて入るけれども…

 アメフトという巨大産業の内幕もわかり、アメリカが抱えている問題や、強さもわかる秀作。

 まあ、読みながら泣くような作品ではないが、すいすいと読めるのでは。
 お勧めの一冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。