Raspberry Pi 2のGPIO読み込みを、mono(C#)とPythonで比較する。

前回では、mono(c#)でGPIOから矩形波を読み込んでみました。

今回は、mono(C#)とPythonで比較してみます。


Arduinoから矩形波を出力しラズパイのGPIOで読み込みます。

Pin.No 名称1 用途 利用 IN/OUT Arduino Pin 周波数
16 GPIO23 GPIO23 パルス1 IN 13 5Hz
18 GPIO24 GPIO24 パルス2 IN 12 50Hz
20 GND GND GND GND
22 GPIO25 GPIO25 パルス3 IN 11 500Hz

Pythonのバージョンは、3.5.0  monoはWindows10のVisualStudio Communicationで、.Net4.5.2コンパイルしてみます。 ラズパイは、800MHzで動かしています。

GPIO23,24,25を連続で1秒間に何回くらいループするかを見てみます。

Python3.5.0
Wiribpi2
Python3.5.0
Rpi.GPIO
Python2.7.10
Wiringpi2
Python2.7.10
Rpi.GPIO
mono
.Net4.5.2
62,650回 58,500回 104,000回 94,750回 88,150回

Python3よりはmonoの方が4割くらい早いですね。でもPython2にはかないません。
もう少し、monoが早いかと思っていましたがそれほどではありません。

以下 サンプルプログラムです。

 


第 1回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-1
第 2回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-2
第 3回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-3
第 4回 Raspberry Pi 2 にWifiの設定をする
第 5回 Raspberry Pi 2 不要サービス停止
第 6回 Raspberry Pi 2 RAMディスクの設定
第 7回 Raspberry Pi 2 コンソールの設定
第 8回 Raspberry Pi 2 にウォッチドッグタイマーを導入する
第 9回 Raspberry Pi 2 でPythonの設定をする。
第10回 Raspberry Pi 2 でSambaの設定をする。
第11回 Windows10でPythonの開発環境を構築する。
第12回 Raspberry Pi 2のPython3でGPIOのパルスを取得する。
第13回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOを調べてみる。
第14回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOの割り込み処理をする。
第15回 Raspberry Pi 2のPython3でI2Cを設定する。
第16回 Raspberry Pi 2のPython3で加速度センサーを動かす。
第17回 Raspberry Pi 2にmonoをインストールしてC#を利用する。
第18回 Raspberry Pi 2にgoをインストールしてみる。
第19回 Raspberry Pi 2のGPIOをC#(mono)でパルス取得する。
第20回 Raspberry Pi 2のGPIO読み込みを、mono(C#)とPythonで比較する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。