Raspberry Pi 2にgoをインストールしてみる。

前回では、ラズパイにmonoをインストールしました。
今回は、Googleのgoをインストールしてみます。並列処理に強いということで期待しています。


まずは、[apt-get]でインストールしてみます。

以下の画面が表示されますので、そのまま[OK]でenterしてインストールを続けます。
119

インストール後、バージョンを確認します。

120
Ver.1.0.2です。最新版はVer1.5ですので、面白くないので最新版を手動でインストールします。
ここを参考にしました。

build中は、4つのCPUを気持ちよく使ってくれます。一時間ぐらいはかかるでしょう。

122

PATHにgoのフォルダーを登録します。$HOMEに置いておくのも嫌なので、[/opt]にでも移動しましょう。PATHは、zshrcを利用しているので $HOME/.zshrc を書き換えます。

シェルを再起動後、バージョンを確認します。

123
Ver. 1.5.1になっています。

動かしてみます。

124

はい、動きました。

次回は、monoで、GPIOを取得してみます。

第 1回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-1
第 2回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-2
第 3回 Raspberry Pi 2 の初期設定をしてみる-3
第 4回 Raspberry Pi 2 にWifiの設定をする
第 5回 Raspberry Pi 2 不要サービス停止
第 6回 Raspberry Pi 2 RAMディスクの設定
第 7回 Raspberry Pi 2 コンソールの設定
第 8回 Raspberry Pi 2 にウォッチドッグタイマーを導入する
第 9回 Raspberry Pi 2 でPythonの設定をする。
第10回 Raspberry Pi 2 でSambaの設定をする。
第11回 Windows10でPythonの開発環境を構築する。
第12回 Raspberry Pi 2のPython3でGPIOのパルスを取得する。
第13回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOを調べてみる。
第14回 Raspberry Pi 2のPythonでGPIOの割り込み処理をする。
第15回 Raspberry Pi 2のPython3でI2Cを設定する。
第16回 Raspberry Pi 2のPython3で加速度センサーを動かす。
第17回 Raspberry Pi 2にmonoをインストールしてC#を利用する。
第18回 Raspberry Pi 2にgoをインストールしてみる。
第19回 Raspberry Pi 2のGPIOをC#(mono)でパルス取得する。
第20回 Raspberry Pi 2のGPIO読み込みを、mono(C#)とPythonで比較する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。